クリニック毎にナースの仕事が違う?

■内科や小児科では何をするの?

 

内科に勤務しているナースの場合、多様な知識や技術が求められるのが現実です。内科にはありとあらゆる症状の患者さんが来院してきます。小さな子供からお年寄りまで患者さんの種類も様々です。血圧や体温の測定から点滴・注射など、看護師として基本的で重要な仕事をたくさんすることになるでしょう。

 

さらに小さな内科や小児科の場合、仕事がさらに増えることがあります。働いている看護師が少ないと、事務職も兼務していることが少なくないからです。医療報酬の計算なども開いている時間にしている看護師もたくさんいるのです。さらに小さな子供を安心させ、保護者の不安を取り除くといった重要な役割も担っているのです。

 

 
■美容関係の看護師の仕事

 

美容外科や美容皮膚科で働いているナースは、他とは少し異なった仕事をしています。もちろん医師の補佐もしますが、主な仕事としては患者さんの希望を聞いて、どんな治療法が良いか説明することが挙げられるでしょう。いわば、セールスマンとしての役割を担っているのです。

 

さらに他のクリニックと異なるのは、看護師ができる医療行為の幅が広いということです。看護のような仕事ではありませんが、美容の道でさらに技術を伸ばすことができるチャンスとなるでしょう。興味があるのであれば自分でいくつかの美容法を試してみてもいいかもしれません。