クリニックでも看護師は大活躍!

■クリニックにナースって必要なの?

 

クリニックというと、多くの人が外来でやって来る病院をイメージしますよね。特に入院するような患者さんがいない場合、看護師って必要なのか?と思うかもしれません。入院患者がいなければナースの仕事って格段に少なくなるような気がします。でも実は、入院設備がなくてもクリニックのナースは大忙しなのです。

 

クリニックでの看護師の仕事は、医師の診察の前に患者さんの状態をある程度把握しておくことです。例えば、どんな症状でクリニックにやってきたのかを確認します。また点滴や注射が必要ならば準備をします。また血圧や脈拍など、いわゆるバイタルのチェックもナースの仕事です。病院で入院患者を診ている看護師よりも幅広い仕事が求められるのがクリニックのナースなのです。

 
■産婦人科のナースは貴重

 

クリニックで特に女性のナースが必要とされるのが産婦人科です。男性の産婦人科医が診察を行う場合、必ず女性のナースや助産師が一緒にいなければなりません。患者としても一緒に女性がいてくれた方が安心しますよね。また妊娠中は理由もなく不安になる事も多々あるので、そういった時に相談に乗ってくれる女性ナースの働きは非常に大きいのです。

 

女性ナースの中には自分も出産経験のある人もいます。そういった人の適切なアドバイスは妊婦さんにとっても役立ちますし安心できる理由になるでしょう。産科だけでなく婦人科で働くナースの場合にも女性特有の悩みの相談に親身にのってあげられるので貴重な存在になるでしょう。