外来の看護師の仕事内容と条件

kjndkjnf

外来の看護師って何をするの?

kjndkjnf
 

病棟で働いている看護師にとって
外来で働く看護師はいったいどんな仕事をしているのか
よくわからない。

という人もいますよね。

 

外来の看護師の主な仕事内容は

・患者のカルテや検査記録の準備
・検査や治療に使用する医療器具の準備
・バイタルチェック
・患者さんの観察

 

など基本的には診療を行う医師のサポート業務
となってきます。

 

クリニックや小規模の病院などでは、
医師の診察の時間が短縮できるように
あらかじめ症状のヒアリングなどを行うこともあります。

外来患者さんが点滴などが必要な時には
点滴のための穿刺などを行うこともあります。

 

実はけっこう幅広い知識をもって仕事を
する必要があるのが外来看護師なんです。

 

内科の外来は特にいろいろな知識が必要

 

さまざまな診療科目で外来を行っていますが、
中でも内科の外来は幅広い知識が必要
外来診療科目とも言われています。

症状によってどこの診療科目を受診すべきか
というのは変わってきます。

 

「とりあえずどこに行けばいいか分からないから
とりあえず内科にかかっておくか」

このような人はとても多く、内科には様々な症状の
患者さんが診療に訪れますよね。

 

外来の内科勤務の看護師は、
この様々な症状の患者さんに対応をすることになります。

内科の外来は一度経験をしておくと
看護師としての知識やスキルがアップしやすい
とも言われているんですよ。

 

外来看護師は日勤のみって本当?

mjnhyuusf
 

病院で外来診療を行っている時間は
基本的に日中のみということが多いですよね。

救急指定病院になっている。
夜間診療を行っている。

 

といった病院を除けば基本的には月曜日~土曜日の
日勤勤務がほとんどです。

クリニックや小規模な病院の場合には、
水曜日や木曜日などに休診日が儲けられている
というケースも多くなっています。

 

このような時にはやはり外来看護師も休みになります。

日曜日は祝日は休診の病院も多いので、
当然看護師も休みですよね。

 

プライベートを充実させたいという看護師には
とても好条件な職場
になっています。

 

給料はやや低め

 

外来の看護師は日勤のみ、日曜・祝日は休み。
このようなケースがとても多くなります。

そのため、どうしても給料はやや低め
という点はあります。

 

看護師の給料が比較的高いのは
夜勤があるため
という点があります。

この夜勤がない外来勤務はどうしても
給料は安めになってしまいます。

 

それでも、平均的な外来勤務の看護師の給料は
350万円~400万円程度
になっています。

日勤で働いている一般的な女性に比べると
やや高めの給料にはなっています。

 

もちろん、外来勤務でも師長などになれば
役職手当が付きますし、
看護師としての資格手当なども出ますよ。

トータルするともう少し高い年収になる。
という可能性もあります。